患者さま本位の医療サービスをご提供します。

院長紹介

口元に美しさを取り戻す 審美歯科の治療について

インプラント治療症例

デンタルローンのご案内

澤歯科 公式サイト

澤歯科 審美サイト

澤歯科のインプラント治療

2017/12/15
年末年始休診のお知らせ
平成29年12月27日午後~平成30年1月3日まで休診とさせて頂きます。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承ください。
尚、平成30年1月4日より通常通りの診療となります。

Japan Medical Materials

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社

澤歯科

インプラント治療について
 まるで自分の歯のように、食事や会話を楽しめる喜び。

自分の歯のように、好きなものをなんでも食べることができ、友人との会話を心から楽しむことができたら・・・
これまでの生活が一転、より充実し、ますます活気あふれる生活を取り戻せるのではないでしょうか?

インプラント治療について  Step1~Step3

step1インプラントについて

顎の骨に人工歯根(チタン)を埋め込み、
その上に人工の歯を固定するのがインプラント治療です。

歯を失ってしまった場合、従来であれば
「ブリッジ」や「差し歯」「入れ歯」を使用することが
一般的でしたが、いろいろなトラブルを抱えているため、
悩みは尽きません。

従来の治療法による悩みやトラブルとは?

  • ● 周りの歯と義歯の違いが目立ち、人前で口を開くことができない。
  • ● 金属製のブリッジや支えのバネに食べ物が挟まるため、好きなものを食べることができない。
  • ● 義歯が合わなくなり、何度も作り直している。
  • ● 食事中や話している最中、またはスポーツなどで身体を動かしている時に、
      義歯が動いたり外れそうになったりして気になる。

インプラントはこの悩みを解消すべく、開発された治療法であり、まるで自分の歯のように機能します。
いわば第2の永久歯とも言えるでしょう。

インプラントの材料であるチタンは、体の拒否反応が無く、チタン表面の酸素の膜を通して骨と結合します。 さらに、インプラントは単歯欠損~全顎欠損まであらゆる症例に幅広く、対応することができる優れものです。

STEP2インプラントはどのような人へ薦める治療なのか?

インプラントを検討されている方、または当院で実際に治療を 受けられた方が
抱えていた悩みの多くは次のような内容です。

  • ● ことばをうまく発音できず、人前に出たり、話をすることが億劫になる。
  • ● 食事のときに入れ歯と歯ぐきの間に食べ物が入り込む。
  • ● 噛む力を十分かけることができず、固い物が食べられない。
  • ● 歯ぐきが覆われていて、食べ物がおいしく感じられない。
  • ● 食事の後、入れ歯をはずして洗ったりするために、
      外出や旅行が気軽にできない。
  • ● 口臭がひどいのではないかと不安で、人に会うことができない。

インプラント(人工歯根)による治療は、このような問題を抱える患者さまのために
研究・開発されてきた治療法です。

Step3 インプラントの良い点は?

step 2のようなお悩みを持っていた方が治療後に
お話しして下さること、また歯科医師の立場から
次のようなことが言えます。

<治療後の患者様より>

  • ●自分の歯のように良く噛め好きなものが食べられるようになった。
  • ●見た目もきれいになったので、人前で歯を気にすることがなくなった。
  • ●口の中の違和感がまったくない。

<歯科医師の立場より>

  • ●ブリッジや部分義歯のように、周りの歯に負担をかけることが無い。
  • ●咬み合わせが回復し、咀嚼力も向上する。
  • ●埋入している人工歯根が咬むたびに骨に刺激を与え、顎骨の衰退を防止できる。
  • ●適切なケアにより、一生ものとも考えられる。

インプラントは失った歯を再建するばかりか、日々の生活や心にまで影響を与えてくれる治療法です。
ブリッジ、部分義歯、総義歯に不安、不満を抱えておられるのであれば、一度インプラント治療をご検討されてみてはいかがでしょうか?

インプラント治療の流れ

step1
検査、術前計画
まずレントゲンなどによる十分な診断を行い、
治療の計画についての説明を行います。

arrow

step1
インプラントの植立の手術
歯が抜けたところにへインプラントを埋入した後、
顎の骨にしっかりと固定されるまで、3~6ケ月待ちます。

arrow

step1
人工の歯の取り付け
インプラントによるしっかりした土台ができたら、
人工の歯を上にかぶせます。

arrow

step1
完了
インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラシング
を行うとともに、半年に一度は定期検診を受けて下さい。
正しくケアすることで、インプラントは永く使用することが
できます。